子どもの歯並びについて

  • ホーム > 
  • 子どもの歯並びについて

子どもの歯並びについてはお早めにご相談ください

子どもの歯並びについてはお早めにご相談ください

お子様の歯並びに気になるところがあるなら、お早めに歯科医院を受診しましょう。出っ歯・受け口・八重歯と一般的になじみのある歯並びも、放置すると将来的にさまざまなトラブルの原因となることがあるからです。何より、お子様自身が歯並びを気にして、消極的になってしまっていることも少なくありません。

子どもの歯並びについてはお早めにご相談ください

青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、子どもの矯正治療も手がけています。当クリニックでの子どもの矯正治療は、床矯正を基本としています。また、本格矯正が必要となった場合には、提携先である「清瀬矯正歯科」をご紹介しています。当クリニックでは、専門家の目で矯正治療が必要かどうか判断すると同時に、お子様や親御様の気持ちをお聞きしながら、じっくり話し合いをして今後のことを決めていきます。心身の成長に合わせて、最適な時期にスタートするのが望ましいので、お子様の歯並びで気になることがあるなら、お早めにご相談ください。

子どものうちに矯正をするメリット

子どものうちに矯正をするメリット

矯正治療は大人になってからでも行えます。しかし、子どものうちの矯正治療は身体が成長する力を上手に使って歯列を整えていきますので、さまざまな面で負担の軽減が可能です。小児矯正には多くのメリットがあるため、本当に矯正治療が必要な歯並びの場合は、できるだけ早めに矯正を検討した方がよいでしょう。

小児矯正のメリット
  • 小児矯正は基本的に抜歯が不要
  • 顎の発達も促せるため、無理のない矯正が実現する
  • 将来の本格矯正でも抜歯が回避できる
  • 身体の発達に合わせて歯を動かすので、楽によい位置へ移動できる
  • 身体や顔の骨格も適切に整えられ、多くの身体トラブルが防げる

当クリニックでは床矯正を行っています

当クリニックでは床矯正を行っています

基本的に子どもの矯正治療では、床矯正(しょうきょうせい)が採用されます。「床(しょう)」とは、入れ歯など人工歯の口腔粘膜と触れ合う部位を指します。床矯正は、入れ歯に似た取り外し可能な装置を用い、顎の骨を内側から広げることを最大の目的としています。というのも、お子様の不正咬合の原因の多くが、歯が並ぶために必要な顎の広さがないからです。

【床矯正装置】

【床矯正装置】 プラスチック製(レジン)の床部分と、金属線からなる、取り外し可能な入れ歯のような装置です。お口に一定時間装着し、表面の歯を抑えながら、顎を広げ、歯がきちんと並ぶスペースを確保しながら、歯を移動させます。
床矯正のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 取り外してお手入れでき衛生的
  • これまで通りブラッシングができる
  • 抜歯せずに矯正が進められることがある
  • 咬む訓練と組み合わせて、お顔全体の機能や形を正常にできる
  • 口腔内の状況によっては、床矯正ができないケースもある
  • 装置を毎日一定時間以上装着し、お手入れも自分ですることになるので、子ども自身の強い自発性が必要となる

床矯正は、費用も比較的安価にできるようになってきました。また、早期に治療に取り組むことができれば、移動もスムーズで、使用する装置も少なく経済的です。床矯正で顎の発達を適切に促し、正しい咬み合わせになれば、自然と顔つきも整ってきます。個人差はありますが、おおむね本格矯正よりも痛みを感じることが少ないことがほとんどです。

治療の流れ
STEP 1ご相談
歯並びに関する不安があれば、お気軽にご相談ください。
STEP 2矯正前検査
歯並びやお口の中の状況(虫歯など)、お顔や全身に与えている影響などについて検査を行います。
STEP 3診断・治療方針の説明
検査結果から診断をくだし、最適と思われる治療方法をご提案します。ご説明内容にご同意いただいてから治療を開始します。不明点などあれば、遠慮なくおたずねください。
STEP 4矯正装置の作製
検査時に採取した歯型から矯正装置を作製します。およそ2週間で完成します。
STEP 5矯正治療の開始
装置についてご説明し、装着方法を指導します。矯正治療中の注意点、装置の取り扱い、食事やケアの仕方などもご説明します。治療開始後は、2週間~3ヶ月に一度のペースでお口の状態を確認するためにご来院いただきます。固定式装置を使った矯正の場合は、ワイヤーやゴムの調整・交換、歯のメインテナンスなどを行います。
STEP 6矯正治療の終了(保定の開始)
歯並びが整い、骨も安定したことが確認できたら、治療は終了です。 固定式装置を使った矯正の場合は、しばらく取り外し可能な「保定(ほてい)装置」を装着して、元の位置に戻ろうとする歯を、よい位置に留めます。矯正で歯を動かした期間と同じくらいの期間を要します。
STEP 7メインテナンス
定期検診を受けていただき、矯正治療後の歯の動きをチェックしていきます。虫歯や歯周病にならないよう、予防的処置も行います。

子どもの歯並びのご相談はお気軽に。当クリニックへのアクセス方法をご紹介します。院内紹介・アクセス