歯医者に通うタイミング

  • ホーム > 
  • 歯医者に通うタイミング

子どもを歯医者に連れて行くタイミングはいつ?

子どもを歯医者に連れて行くタイミングはいつ?

お子様の歯が生え始めて、虫歯予防をしなくてはと思っても、いったい何から始めればいいのか迷っていらっしゃる親御様も多いのでは? 虫歯予防には、毎日のホームケアと歯科医院でのプロケアを併用するのがベストです。しかし、どのタイミングで歯医者へ連れて行けばいいか迷いますよね。

ここでは、青梅市の歯科医院「イヴ・デンタルクリニック」が、お子様を歯医者に連れて行くタイミング、乳歯や永久歯の特徴についてご説明します。当クリニックでは、お子様はもちろん親御様のお口の健康もしっかりサポートできる体制を整えています。お子様のお口のケアに不安がある方にはアドバイスも行いますので、お気軽にご相談ください。

乳歯が生えそろったら

乳歯が生えそろったら

乳歯は生後半年位から生え始め、2~3歳の間に生えそろいます。乳歯の時点で虫歯があると、永久歯も虫歯になるリスクが10倍になるというデータがあります。また、乳歯はやわらかいため虫歯の進行が早く、早いタイミングできちんと治療ができないと、歯を失ってしまう可能性が非常に高くなります。永久歯に生え変わるからといって放置してしまうと、永久歯の生え方にも悪影響を及ぼし、お子様が大人になっても「歯」で苦労することにもなりかねません。この時期に一度、お子様が歯科医院に慣れるためにも、お口の中を見せに受診しましょう。

知っておきたい乳歯の特徴と注意点
  • お子様は、歯にケアが必要だということを理解していません
  • お子様は、自分でお口のケアをすることができません
  • 乳歯の厚さは、エナメル質も象牙質も永久歯の半分程度
  • だ液による再石灰化の力がまだ弱い
  • 乳歯はじめ子どもの歯はやわらかく、虫歯になりやすく進行しやすい

このように、乳歯の間は親御様のサポートが欠かせません。乳歯が生えてすぐは、まだブラッシングを行う必要はありませんが、授乳後・食後にはガーゼなどで歯について汚れをとって、お口の中をさっぱりさせる感覚を覚えさせてあげましょう。自分でいろいろやりたがる時期になったら、みがけなくても歯ブラシを持つ習慣を。もちろん、親御様の仕上げみがきは必須です。

永久歯に生え変わったら

永久歯に生え変わったら

個人差はありますが、だいたい5~12歳くらいから、少しずつ乳歯から永久歯へと生え変わります。この時期は、常にどこかの歯が抜けていることがあり、歯並びもデコボコになります。普段以上にブラッシングが難しくなってしまいます。虫歯を作ってしまわないよう、お口の状況に合わせて、適切なブラッシングの方法を身につけさせ、親御様も仕上げみがきを怠らないようにしましょう。歯科医院で定期的にチェックしてもらうことも大切です。

知っておきたい永久歯の生え変わり時期の特徴
  • 生え始めの永久歯は虫歯菌への抵抗力が弱い
  • 歯がない部分やデコボコができてそれまでよりブラッシングがしにくくなる
  • 第一大臼歯(6歳臼歯)は虫歯になりやすい(歯列の奥に生えるため磨きにくい)
  • 第一大臼歯(6歳臼歯)が生えそろうのに1年半ほどかかるケースもある
  • ブラッシングなどの口腔ケアが親御様主体からお子様主体へ変わる時期で、日々の十分なチェックが欠かせない

お子様の自分でお口の健康管理をできるようになるのは小学校高学年くらいから。それまでの長い道のりは、親御様のサポートが欠かせません。当クリニックでは、お子様と親御様がしっかりお口の健康を維持できるよう、歯科専門家としてしっかりサポートいたします。不安なこと、気になることがあればアドバイスができますし、予防ケアメニューも豊富にあります。ぜひお気軽にご相談ください。

お子様の歯並びに気になることがあれば早めにご相談を子どもの歯並びについて

お子様向け・お母様向けに、それぞれ歯の大切さをわかりやすくご説明しています。おかあさんとこどものための歯科治療ガイド