歯が痛い・しみる~虫歯~

  • ホーム > 
  • 歯が痛い・しみる~虫歯~

虫歯は早期発見・早期治療でダメージが小さく抑えられます

虫歯は早期発見・早期治療でダメージが小さく抑えられます

虫歯はプラーク(歯垢)の中に住み着く虫歯菌が原因の感染症。虫歯菌は、食後お口の中に残る糖分を栄養源にして「酸」を生み出します。この酸によって歯が溶かされていく病気が「虫歯」なのです。初期虫歯では、ほとんど自覚症状がないままに歯質が溶かされ、「痛い」「しみる」という症状を感じたときにはすでに虫歯が進行しているケースがほとんどです。

虫歯は放っておいても自然治癒しませんが、ごく初期であれば再石灰化で進行を抑えられ健康な状態にまで戻せることがあります。早期発見・早期治療ができれば、歯へのダメージを小さくでき、歯の寿命も延ばせます。青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、できるだけ虫歯によるダメージを抑えられるよう、予防にも力を入れた診療を行っています。

虫歯を放置するデメリット

虫歯を放置するデメリット

激しい痛みを伴う虫歯を放っておくと、”一時的に”痛みが治まることがあります。これは、虫歯が治ったり良くなったりしたのではなく、歯の内部の神経が死んでしまい痛みを感じなくなっただけのこと。勝手に治ったと判断して放置すると、次のようなさまざまデメリットを引き起こします。

  • 歯の根の中に膿が溜まり、さらに激しい痛みに襲われます
  • 虫歯が深くなればなるほど、治療は大掛かりになり長期化します
  • 神経に達した虫歯では、治療時に痛みを覚えることがあります
  • 通院回数が増え、治療費も膨らみます
  • 口腔内だけでなく、身体の他の部分にも悪影響を及ぼすことがあります

初期虫歯なら再石灰化で治せることがあります

  • 初期虫歯なら再石灰化で治せることがあります
  • 初期虫歯なら再石灰化で治せることがあります

歯が「酸」によって溶かされることを「脱灰(だっかい)」といいます。脱灰は、歯質からカルシウムやリンなどのミネラル分が溶け出している状態です。溶け出したミネラル分は、だ液などの働きによって再び歯質に取り込まれます。これを「再石灰化(さいせっかいか)」といいます。お口の中では、日夜この脱灰と再石灰化を繰り返していますが、酸性に傾くことで脱灰が進み虫歯となるのです。

再石灰化

しかし、ごく初期の虫歯であれば、再石灰化がきちんと促せれば、歯質の修復が間に合うことがあります。フッ素やキシリトールなど再石灰化に役立つ成分を効果的に用いることで、虫歯の進行を留められるのです。ごく初期の虫歯は、自分では気がつきにくいほどわずかな変化ですので、予防歯科の定期検診などを活用して、早期に何らかの処置を受けられるようにしましょう。

【歯がしみる症状は知覚過敏かも知れません】

【歯がしみる症状は知覚過敏かも知れません】

虫歯が進行すると、冷たい物を甘い物を口にしたときに歯に「しみる」症状が出ます。しかし、虫歯が見当たらないのに、歯が「しみる」こともあります。これが「知覚過敏(ちかくかびん)」です。知覚過敏は、歯の表面にあるエナメル質が薄くなったり欠けたり割れたりすることで象牙質が露出し、神経に刺激が伝わりやすくなっている状態です。

知覚過敏の原因はさまざまで、歯ぎしりや食いしばり、強すぎる咬み締め、強すぎるブラッシング、そして歯周病などが考えられます。原因を取り除かないことには、再発する可能性がありますが、ひとまず症状を抑えるために、歯の表面にコーティングを施すことで症状の緩和が可能です。「しみる」症状でお悩みなら、当クリニックにお早めにご相談ください。

虫歯は予防できます。再発しないよう予防歯科を受診しましょう。健康な歯ですごしたい~予防歯科~