重度の虫歯を治したい~根管治療~

  • ホーム > 
  • 重度の虫歯を治したい~根管治療~

重症化した虫歯でも歯の根っこを残せます~根管治療~

重症化した虫歯でも歯の根っこを残せます~根管治療~

重度まで進行した虫歯は、かつては抜歯するよりほかありませんでした。しかし、抜歯はお口の健康バランスを大きく崩し、他の健康な歯の寿命を縮めてしまうリスクがあります。できれば避けたい治療法です。現在は医療技術の発展により、天然歯の根っこを残しながら、お口全体のバランスを維持することができます。それが歯の根っこの治療「根管治療(こんかんちりょう)」なのです。

根管治療では、歯の内部から虫歯に冒された組織をしっかり取り除く必要があり、精密さが要求されます。青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、さまざまな取り組みによって、成功率の高い根管治療を行っています。重症具合によっては、根管治療も困難なケースがあります。虫歯で「痛い」「しみる」といった症状を覚えたら、お早めに当クリニックへご相談ください。

根管治療が必要なケースとは?

  • 冷たい物・甘い物を口にすると歯が痛む
  • 熱い物を口にしても歯が痛む
  • 歯ぐきに腫れがあり、指で押すと痛い
  • 何もしていないときにもズキズキと歯が痛む

こんな症状が出るほど虫歯が進行していると、根管治療を行う必要があります。このまま放置すると、いずれ歯の神経が死んで痛みを感じなくなりますが、さらに放置するともっと激しい痛みに襲われます(※虫歯を放置するデメリット)。最終的には抜歯しか治療法がなくなってしまいますので、早めに当クリニックを受診してください。

根管治療の流れ

STEP1.汚染物質・組織の除去 STEP2.根管内部の形成 STEP3.根管内部の洗浄消毒
STEP1.汚染物質・組織の除去 STEP2.根管内部の形成 STEP3.根管内部の洗浄消毒
虫歯菌に汚染された歯髄(血管や神経)や歯質をしっかり取り除きます。ここで取りこぼしがあると、再発する可能性があります。 根管内部の形を整え、薬剤を充填しやすくします。 根管内部を広げながら、内部に細菌が残らないよう洗浄と消毒を行います。
STEP4.薬剤の充填・密封 STEP5.土台作り STEP6.被せ物の装着
STEP4.薬剤の充填・密封 STEP5.土台作り STEP6.被せ物の装着
根管内部に隙間なく薬剤を充填し、密封します。 被せ物のコア(芯)を立てる土台を作ります。 咬み合わせに考慮しながら、被せ物を装着して完了です。

【当クリニックでは拡大鏡を使用した根管治療を行います】

【当クリニックでは拡大鏡を使用した根管治療を行います】

青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、より精密で確実な治療を実現するために、拡大鏡を使用しています。患部を拡大して見ることができます。これまで経験や勘、技術力に左右されていた根管治療の成功率を格段に向上させます。暗いお口の中で、狭く入り組んだ歯の内部の処置を行うために、もはや欠かせない存在といってもよいでしょう。

神経を抜くデメリット

神経を抜くデメリット

根管治療では、虫歯菌に汚染された歯髄(しずい:歯の内部を通る神経や血管の集まり)を取り除きます。このため、一般に「歯の神経を抜く(取る)治療」とも呼ばれます。しかし、この歯の神経を取り除くことは、抜歯よりもリスクが小さいとはいえいくつかデメリットがあります。

デメリット1.
異変に気づきにくくなる
デメリット2.
歯が変色する
デメリット3.
歯質がもろくなる
神経を失った歯は痛みなどを感じることができないため、何らかの異変が生じたときに、トラブル察知が遅くなります。 神経と血管を取り除いた歯には、血液や歯髄組織などが流れず溜まります。これらがたまった部分の歯は黒く変色して見えます。 歯の内部を削って形成するので、歯質が薄くなります。また、歯髄を失い栄養分が運ばれなくなると歯質がもろくなります。

【治療の中断はデメリットしかありません】

【治療の中断はデメリットしかありません】

根管治療には精密さと正確さが求められます。そのため、治療を数回に分けて行う必要があり、患者様には何度も通院していただくことになります。中には途中で通院が嫌になって、治療を中断されてしまわれる方もいらっしゃいます。

根管治療の中断は、その後さらに激しい痛みを引き起こしたり炎症を起こしたりして、再治療が必要となってしまいます。そのため、本来なら失うことのなかった歯まで失ってしまうケースもあるのです。また、再治療は、初回よりもお口にダメージを与えたり長引いたり、成功率を著しく低下させたりします。お口の総合的な寿命を延ばすためにも、根気強く最後まで一緒に治療を頑張りましょう。

虫歯は重症化する前の早期発見・早期治療が大切。定期検診の受診をおすすめします。健康な歯ですごしたい~予防歯科~