歯を失ってしまった~インプラント・入れ歯~

  • ホーム > 
  • 歯を失ってしまった~インプラント・入れ歯~

歯を失ったときの画期的な治療法~インプラント~

  • 歯を失ったときの画期的な治療法~インプラント~ before
  • 歯を失ったときの画期的な治療法~インプラント~ after

虫歯歯周病などの病気のほか、不慮の事故などで歯を失ってしまうことがあります。正面から見えないような部分の歯だと、そのまま放置されてしまう方もいらっしゃいます。しかし、歯を失った部分をそのままにしておくことは、お口の健康を考えると非常にさまざまなリスクを引き起こしてしまうため、早急に適切な治療を受ける必要があります。

【歯を失ったまま放置するリスク】
  • 隣の歯が、歯を失って空いている部分へ倒れこんでくる
  • 咬み合う歯が伸びてくる
  • 歯列が乱れる
  • 顎関節症や身体の歪みなどトラブルが起こる
  • 歯並びや咬み合わせの乱れから、清掃性が低下し虫歯や歯周病になりやすい

失った歯を補う治療法のことを、補綴(ほてつ)治療といいます。東京都青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、補綴治療として、インプラント治療や入れ歯治療に対応しています。患者様のお口の状態を拝見したうえで、最適な治療法をご提案しますので、まずは歯を失ってしまったら、すぐに当クリニックへご相談ください。

自分の歯のように咬めるインプラント

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラント治療は、顎の骨に生体親和性の高い金属チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込む治療法です。チタンと顎の骨が強固に結びつくことで、天然歯のような咬み心地がよみがえると注目を集めています。

自分の歯のように咬めるインプラント

しかし、インプラント治療は、メリットもデメリットもある治療法ですので、すべての方におすすめできるというものではありません。治療をご希望の方は、治療法の特徴やメリット・デメリットをしっかり理解して治療方法をご検討ください。

インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自分の歯で咬むような咬み心地が回復できる
  • 1本からの治療が可能で、周囲の歯に負担がかからない
  • 顎の骨に刺激が伝わるため、顎が痩せにくい
  • 天然歯のような自然な見た目に仕上がる
  • 外科手術が必要なため、持病によっては治療ができない
  • 保険適用されないため、すべて自費診療となり高額
  • 治療期間が半年から1年以上と長期化する

インプラント治療の流れ

STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント埋入
STEP1.歯肉の切開 STEP2.ドリリング STEP3.インプラント埋入
麻酔を施し、インプラントを埋める場所の歯肉を切開します。インプラント体を埋め込む顎の骨を露出させます。 専用ドリルで、顎の骨に穴を開けます。シミュレーションし、角度や向き、深さなど慎重にガイドを使って穴を開けます。 チタン製のインプラント体をSTEP2で開けた穴に埋め込みます。
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメント装着 STEP6.人工歯装着
STEP4.治癒期間 STEP5.アバットメント装着 STEP6.人工歯装着
インプラント体を歯肉で覆うように縫合します。チタンと顎の骨が結合するのを待つ期間です。 インプラントと顎の骨の結合が確認できたら、歯肉を再度切り開き、連結部分(アバットメント)を装着します。 傷口の治癒が確認できたら、アバットメント上部に人工歯を装着して完了です。

多くの方に選ばれている治療法~入れ歯~

多くの方に選ばれている治療法~入れ歯~

インプラントが注目を集めている一方、治療法としての歴史がありながら、現在も多くの方に選ばれているのが「入れ歯治療」です。入れ歯治療は、取り外し可能な人工歯をお口に合わせて作る治療法。あらゆる症例に対応でき、歯型を採取するだけと、身体的負担が小さいのがメリットです。保険適用されるので、比較的安価に短期間で人工の歯が手に入ります。

多くの方に選ばれている治療法~入れ歯~

入れ歯治療は、インプラントやブリッジなどのほかの治療法と比較すると、どうしても咬む力が十分に回復できなかったり、見た目に入れ歯とわかりやすかったり、次第に合わなくなるなど、不具合が出ることがあります。しかしながら、丁寧にこまめに調整・修理をすることで、お口に馴染んで使いやすくなるのも入れ歯です。青梅市、カインズホーム青梅インター店にある歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、患者様のライフスタイルやお口の状況から、その方にぴったりの治療法をご提案いたします。

入れ歯に「歯磨き粉」は使わないで

入れ歯に「歯磨き粉」は使わないで

お口の中に入れて、食事や会話など生活の重要なポイントで使う入れ歯。取り外し可能なタイプだと、毎日お手入れをして衛生的に保つことが重要です。しかし、自分の歯と同じように、歯ブラシと歯磨き粉でみがいていませんか? 歯磨き粉には、研磨剤が含まれているため、歯ブラシと歯磨き粉では、入れ歯に細かなキズがたくさんついてしまいます。そこへ口腔内に住む細菌が付着して増殖すると、使っているうちに全身の健康にさえ悪影響を与えてしまいます。

入れ歯のお手入れ時には、入れ歯専用ブラシ、入れ歯専用洗浄剤をお使いください。当クリニックでは、入れ歯の素材に合わせてお手入れ方法もしっかりご指導いたしますので、わからないことがあればお気軽にご相談ください。

イヴ・デンタルクリニックの取り扱い入れ歯

レジン床義歯(保険適用)
歯ぐきに当たる「床(しょう)」に歯科用プラスチック(レジン)しか使えず、床が厚くなる。
レジン床義歯(保険適用) メリット デメリット
  • 保険適用でき安価
  • 1ヶ月ほどで完成する
  • あらゆる症例に対応可能
  • 慣れるまで使用感・装着感が悪い
  • 見た目が悪い
  • 咬む力が十分回復しない
  • 部分入れ歯の場合、金属バネが健康な歯を支えとして負担となる
金属床義歯(自費)
床に金属(チタン・コバルトクロムなど)を使用した自費の入れ歯
金属床義歯(自費) メリット デメリット
  • 耐久性が高く壊れにくい
  • 金属なので、熱伝導性が高く食べ物の温度を楽しめる
  • 薄く仕上げられるため、軽く装着感のよい入れ歯になる
  • 金属アレルギーの心配があるかたにはおすすめできない
  • 修理が難しい
  • 比較的高価である
ノンクラスプデンチャー(自費)
部分入れ歯の一種で、柔軟性に富む特殊な樹脂を使った入れ歯
ノンクラスプデンチャー(自費) メリット デメリット
  • 使用感がよい
  • 装着時の違和感が小さい
  • 周囲の歯への負担が小さい
  • 見た目に美しい
  • 耐久性がある
  • 素材の性質から、温度変化に弱いため注意が必要
  • 比較的高価である
  • お手入れがしにくいことがある

イヴ・デンタルクリニックはカインズホーム青梅インター店にある通いやすい歯医者です。院内紹介・アクセス