歯ぐきが腫れている・血が出る~歯周病~

  • ホーム > 
  • 歯ぐきが腫れている・血が出る~歯周病~

日本人が「歯を失う原因第一位」は歯周病です。

日本人が「歯を失う原因第一位」は歯周病です。

歯周病は、日本人の成人のうち約8割がかかっている、もしくは予備軍だとされる感染症です。その仕組みは、プラーク(歯垢)に住み着く歯周病菌が、歯ぐきに炎症を起こすことに始まり、次第に顎の骨や歯周組織を破壊していきます。自覚症状がないまま進行し、最終的には歯を支える顎の骨が溶かされ、歯が抜け落ちてしまうことすらあります。歯周病は、日本人が歯を失う原因第一位なのです。

日本人が「歯を失う原因第一位」は歯周病です。

青梅市のカインズホーム青梅インター店にある歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、歯周病の治療はもちろん、コントロールや予防に効果的な処置を行っています。当クリニックはホームセンターの敷地内にあるため、駐車場も広くあります。平日・土日ともに20:30まで診療を行っていますのでお忙しい方にも通いやすい歯医者です。歯周病の症状を感じたら、かなり進行していることがよくあります。気になる症状があれば、お早めに当クリニックを受診してください。

歯周病は命にかかわるような疾患に関係しています

最近の調査で、歯周病菌がさまざまな重篤な疾患に関与していることがわかってきています。

心疾患・血管障害 肺炎
歯周病菌は血栓を作りやすい性質を持っています。そのため、血管内へ入り込み、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、脳血管障害などを引き起こすことが考えられます。 気管に入り込んだ歯周病菌がそこで炎症を起こすことがあります。これが高齢者に多い「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」です。適切な口腔ケアで、このようなトラブルは抑えられることがわかってきています。
糖尿病 早産・低体重児出産
免疫力との関連性が深い糖尿病は、歯周病とも深い関わりを持ちます。どちらか一方を発症していると、もう片方も引き起こしやすいのです。いずれの患者にも、注意が促されています。 妊娠中は歯周病になりやすいうえ、血管へ歯周病菌が入り込むと、陣痛に似た歯周収縮を促す物質を出します。そのため、早産や低体重児出産のリスクが高まります。

こんな習慣がある方は要注意!

歯周病は免疫力に深いかかわりがあるため、生活習慣病の一つに数えられています。次のような生活習慣を持つ方は、歯周病を発症するリスクが高くなりますので要注意です。

喫煙習慣がある 間食が多い 食事でよく咬まない 疲労・ストレス
睡眠不足
喫煙習慣がある 間食が多い 食事でよく咬まない 疲労・ストレス睡眠不足
タバコの有害物質が歯ぐきや粘膜から吸収されると、免疫力を低下させます。 お口の中に清浄な時間が短いと、歯周病菌が繁殖しやすくなります。 自浄作用のあるだ液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすくなります。 疲労・ストレス・睡眠不足といった生活の乱れは、歯周病だけでなくさまざまな感染症リスクを高めます。

歯周病の進行段階と治療方法

歯周病の進行段階と治療方法

歯周病の治療でもっとも基本となるのが、プラークコントロールです。プラークはお口の中で石灰化して「歯石(しせき)」になります。歯石はさらなるプラークを呼び寄せます。ブラッシングでは歯石は取り除けないため、歯科医院で専用器具を使った除去が必要です。また、歯周病の進行度合いの目安として、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さがあります。深ければ深いほど進行していると判断されます。

歯肉炎・軽度歯周炎
状態・症状 治療法
ブラッシング指導 スケーリング
状態・症状 ブラッシング指導 スケーリング
歯ぐきに軽い炎症が起こっています。ブラッシング時などに出血が起こり、歯周ポケットがわずかに深くなっています。痛みなどの自覚症状はまだありません。 お口の中にプラークを溜めないための正しいブラッシング方法を身につけていただきます。一人ひとりのお口に合わせた方法をアドバイスします。 歯周ポケットや歯の表面に付着した歯石を専用器具(スケーラー)で取り除きます。
中等度歯周炎
状態・症状 治療法
ルートプレーニング 歯周ポケット掻爬
(そうは)術
状態・症状 ルートプレーニング 歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯ぐきの炎症がひどくなってきています。顎の骨も溶かされはじめ、歯が浮くような感覚や、歯を指や舌で触るとグラグラする感じがします。 専用器具で、歯周ポケット内部に付着した歯石やプラーク、感染している歯肉を取り除きます。仕上げに、汚れの再付着防止のため、表面を磨き上げます。 麻酔後、歯肉を切り開き、歯周ポケット内部の歯根にこびりついた歯石・プラーク・感染組織を除去します。
重度歯周炎
状態・症状 治療法
GBR エムドゲイン
状態・症状 GBR エムドゲイン
顎の骨のほとんどが溶かされ歯を支えられなくなっています。歯のグラつきが大きくなり、放っておくと抜け落ちることがあります。 損なわれた顎の骨や歯周組織へ「再生治療」を行います。再生治療では、再生の早い歯肉の侵入を防ぎながら骨を再生させる必要があります。GBRは特殊な膜を設置し、エムドゲインは専用ゲルを設置して歯肉の侵入を防ぎます。ゲルは身体に吸収されますが、GBRの膜は後から取り除きます。

歯周病は予防コントロールが肝心です。定期検診で健康なお口を手に入れましょう。 健康な歯ですごしたい~予防歯科~